Tenuta Campi Flegrei

ご購入はこちらから

商品の紹介

Tenuta Campi Flegreiで生産している主な野菜たちです。
どれも丹精込めたおいしい野菜に育っています。

イタリア&ドイツ種のトマト
【収穫期間:12?3月 5月?6月上旬】
イタリア&ドイツ種のトマト
イタリアトマトは、通常の日本のトマトと違い、甘みよりも旨味がしっかりとしていて水分が少なめのトマトで加熱用のトマトを中心に栽培しています。また、ドイツ種は、甘みがしっかりとしていてとてもジューシーで生食用のトマトです。
カステルフランコ
【収穫期間:1月~4月】
カステルフランコ
北イタリアを中心と栽培される、お花のようなとても綺麗なサラダ用のお野菜です。さまざまなサラダにちょっと加えるだけでとても鮮やかになり目も口もより楽しんでいただけます。とても繊細お野菜です。
カリフラワーロマネスコ
【収穫期間:1月~3月下旬】
カリフラワーロマネスコ
日本でも少しずつ目にする様になってきたお野菜ですが、品種が色々ありそれぞれ違った味わいです。イタリアの南部でよく食べられ、ちょうどカリフラワーとブロッコリーの中間のような味でとてもクリーミーなパスタソースなどでお召し上がりいただけます。
セーダノラパ(根セロリ)
【収穫期間:2月~5月】
セーダノラパ(根セロリ)
根の部分を食べるセロリです。普通のセロリに比べて甘みがしっかりとしていてスープや下茹でをしてパン粉をつけたフリットにしたり、玉葱とニンニクと 炒め煮にしてハンドミキサーにかけるとクリーミーなソースが出来てパスタのベースソースなどにしてお召し上がりいただけます。
チコリアセルバティコ
【収穫期間:通年】
チコリアセルバティコ
イタリアでは、南部ローマの周辺が名産地で、苦みがありますが上手に下準備(15分くらい下茹でをする)をする事で旨味に変わり、とても珍しく美味しいお料理が楽しめます。日本では、食用タンポポと呼ばれています。
ヌヤマのジャガイモ
【収穫期間:12?3月 5月?6月上旬】
ヌヤマのジャガイモ
ヌヤマの粘土質の特徴を生かて栽培した花田智昭さんの自慢のジャガイです。サラダや煮物、ニョッキなどどんなお料理方法にも適しています。甘みと味がしっかりしていて本来のジャガイモの旨味がしっかり詰まっています。
パパチェッリ
【収穫期間:】
パパチェッリ
南イタリアナポリのパプリカで肉厚で甘み、旨味がしっかりとしています。煮崩れしにくいので肉詰めをしたり、炒め物や煮込み料理に最適です。
この商品をオンラインショップで購入する
ブロッコリーナターレ
【収穫期間:】
ブロッコリーナターレ
葉を食べるブロッコリーで南イタリアナポリでよく食べられるお野菜です。ナターレとは、クリスマスという意味でこの時期に食べる伝統的なお野菜の一つです。普通のブロッコリーに比べると味がしっかりしていてスープやお味噌、柔らかくなるまで茹でてシーフードとオリーブオイル、塩こしょう、レモンでシンプルに美味しくお召し上がりいただけます。
イロイロにんじん
【収穫期間:】
イロイロにんじん
色々な人参を栽培しておりますが、一番おすすめなのは、小さなサイズのイタリアの人参です。甘みが強いのが特徴で大体20センチの直径2?3センチ位の小さめの人参です。ヨーロッパ市場でよく見かけられる人参です。
イタリアのズッキーニ
【収穫期間:6月中旬?8月】
イタリアのズッキーニ
通常、日本で見かけるズッキーニと違って水分が少なく、かためでその分、味がしっかりしているため、煮崩れせず、フリットや中に詰め物(お肉など)をして煮込むお料理に最適です。このズッキ?二は、私どものおすすめのお野菜です。
このページのトップへ